AIR JORDAN(エアジョーダン) XXXIV(34) レビュー


AIR JORDAN(エアジョーダン) XXXIV(34) レビュー


AIR JORDAN(エアジョーダン) XXXIV(34) レビュー



今回のレビューは AIR JORDAN(エアジョーダン) XXXIV(34)になります。

買いたいなー高いなーって思って躊躇してたら誕生日クーポン+1万円のギフトカードがあったので実質手出しは6700円で購入させて頂きました。

NIKE曰く
エア ジョーダン 34は、未来のスター選手たちに最高のバスケットボールシューズを提供するべく作られた、ジョーダンらしさが明確に表現されたシューズです
「エア ジョーダンのシグネチャーシューズは、バスケットボールの歴史の中でも最も大きな影響力を持つゲーム用シューズのシリーズとなりました」と、ジョーダン ブランド フットウエア担当 ヴァイスプレジデントのジェントリー・ハンフリーは話します。「エア ジョーダン 34には独自の新しいイノベーションを搭載し、さまざまなゲームの歴史を変えてきたマイケル・ジョーダンのシグネチャーラインは、新しい世代のアスリートたちにも受け継いでもらいたいです」
エア ジョーダン 34は、ソールとアッパーから必須とされない素材を全て取り除き、アスリートが必要とされるものだけを取り入れています(引用 https://nike.jp/nikebiz/news/2019/09/09/2677/
と紹介しています。
なるほど。納得。と正直思ってしまいました。
そのほかの特徴としては
エアジョーダンシリーズで最も軽い
ヒールのジャンプマンはカラーごとに違う
J4–34, 2.89-2019はエアジョーダン4から34までの30年という意味
そしてこの紹介文
「このシューズの製作は、エア ジョーダン 33に関するフィードバックを集めるところから始まりました」と、ジョーダン ブランドのデザイナーのテート・カービスは話します。「まず最初は、アスリートからトラクションの改善と軽量化を望まれたことです。特に、リングを超えるような高さでプレーするアスリートたちがより大きな爆発力を発揮できるようにすることに注目しました」(引用 https://nike.jp/nikebiz/news/2019/09/09/2677/ )








とあります。それだよそれ。俺が求めてたものは←
そしてクッションや反発力に関するエクリプスプレートの説明は下記をご覧ください。
ジョーダン エクリプスプレート。2枚のピバックス素材と前足部のズーム エア ユニットを組み合わせたこのテクノロジーが最適な爆発力を生み出します。
「エクリプス プレートはジョーダン アスリートに愛されているテクノロジーであるフライト プレートの推進力を活用しながら、全体の硬さと重さを抑えています」と、カービスは話します。「プレートの素材や、それぞれの要素が持つ価値をどのように活用できるを考えることによってこのプレートが生まれました」
このアイディアが最もうまく実現できているのは、エア ジョーダン 34の前足部のズーム エア ユニットです。エア ユニットがたわむことで生まれるピストンのような効果を最大限活かすため、エクリプス プレートはくぼみを作り、エア ユニットがプレートの制約を受けることなく収縮したり動けるようになっています。プレートは(特にかかとの)安定性に注目し、カット、ダッシュやジャンプなどのバスケットボールの爆発的な動きをしっかりとコントロールできるようにします。
ジョーダン エクリプス プレートとは?
ジョーダン フライトスピード プレートの進化系である、ジョーダン ブランド独自技術のエクリプス プレートは、中足から前足への体重移動をスムーズにさせるデザインで、アスリートが足の動きをよりうまくコントロールしたり、素早くジャンプすることを可能にします。
エクリプス プレートは、その配置の工夫により、前足部のズーム エア ユニットが弾む感触や、横方向のサポートを提供します。
プレートはピバックス素材を2枚組み合わせて通常はフォームを使う中央部分を空洞にして、ズーム エアを露出させつつ安定性を提供します。
エクリプス プレートの性質をより高めるのが、ヘリンボーン模様のトラクションパターンです。こちらもジョーダン ブランドらしさを表現し、標準的技法ながら高い機能性になっています。アスリートの足をスキャンし確認したところ、一歩目の踏み出しや素早いカットの推進力を高め、さらにディフェンスに回る時にはプレイヤーが一瞬にして止まるためにも機能を発揮できました。(引用 https://nike.jp/nikebiz/news/2019/09/09/2677/ )
そしてアッパーのデザインに関して
試行錯誤したデザインは、エア ジョーダン 34のアッパーの基本にもなっています。ヒールカウンター、シュータン、アイステイ、中足部の補強部など、バスケットボールに必要なものだけを取り入れたデザインです。「このシューズについて気に入っている点は、過去のジョーダンに似ていないという点です。ただ、最も純粋にバスケットボールに必要な要素を取り入れたシューズになっていると感じるでしょう」と、カービスは話します。(引用 https://nike.jp/nikebiz/news/2019/09/09/2677/ )
そう、過去のジョーダンに似ていないという点。これが素晴らしいと思います。正直31から始まった過去のAJシリーズをオマージュした結果オンコートでの機能性の追求が疎かになっていた感じはみんな感じていた所と思うんですよ。
珍しく前置きで一般情報なんて流してしまいましたがそれだけ期待値が大きかったということです。はい。
では本題に入っていきましょう。

全体写真


IMG_20200208_001513.jpgIMG_20200208_001502.jpgIMG_20200208_002527.jpgIMG_20200208_002515.jpgIMG_20200208_002600.jpgIMG_20200208_001537.jpgIMG_20200208_001521.jpgIMG_20200208_001508.jpg

評価項目


グリップ
アッパー・ソールバランス
フィット
ジャンプ
クッション


の5項目を10点満点にして合計60点満点で評価していきます。
そして最後に靴の総評、コスパも含めての総合評価をしていきたいと思います。

自分のスペックは
173cm
70kg
2-3番(4もやるけど)です。シューズとしては柔らかすぎないアッパー、軽いシューズ、硬すぎないソール、よくグリップするソールが好きです


評価結果



グリップ(9)
アッパー・ソールバランス(9)
フィット(9)
ジャンプ(10)
クッション(9)

総合評価(46/50)
コスパ総合評価(S)

重さ
IMG_20200208_001749.jpg
373g






総評


履く前から、手に取った時からそんな予感はしてたけどやっぱり記憶に残っている中ではAJ30と並ぶかそれを超えるんじゃないかというくらいの素晴らしいシューズだと感じました。

各項目の感想を書いていきたいと思います
グリップ(9)
特に不満は何も感じてなく10点でもいいかなと思ってるんですが長時間使用してホコリがついてくるかどうかはまだ判定し兼ねるのでその分の不安を取り除いて9点。実質何も不満を感じていません。

アッパー・ソールバランス(9)
ソールも決して硬いわけではないしSHOXのように重いパーツがくっついてる感じでもないのでアッパー、ソール共に軽量化をしようとしている事でバランスが取れていると感じます。
1点減点されている理由は当たるわけじゃないけどアッパーの薄くて硬い素材が気になるのと側面のスケスケ部分の剛性不足が心配になるところですがこう書いてみると9点に近い8点と思ってもらうのがいいかもしれませんね。

フィット(9)
軽量化を図った為にアッパーの素材が薄くなる→薄くなる分硬めの素材になるの流れは致し方ないかなと思っていたのですが履いてみるとあら不思議。よく屈曲点とかつなぎ目とかで足の甲に当たったりするのが今回は無いんですよ。まぁ痛くないほうがいいので良しとしましょう。薄いけど硬いけど当たらないという点が一つ。
そして、足を入れようとしたときに「ん?ちょっと足入れしにくいかな?」と思うんですが踵をスポっと入れるとその後はあら不思議、ヒールの抜けも全然無くピタっとフィットしてくれます。あら不思議―笑

ジャンプ(10)
さすがのZOOM AIR+エクリプスプレート、そして軽量なシューズとなったらそりゃあ跳べちゃうよ~
個人的に思うにジャンプの項目って重量、グリップ、フィット、アッパー合成、クッションとか全ての要素が噛み合ってないと高得点て出ないと思うんですよ。なんでこの項目の点数で満点が出せるってことは全てのシューズとしてのバランスが高水準なのかなと思っています。
ちなみに過去にリングを触れたシューズはAJ30、クレイジーライトLOW、カイリー3、カリー2でした。

もう一度AJ30を手にしてレビューしてみたいなぁ…誰か26.5cmを…

クッション(9)
もうこれはナイキの高価格帯シューズのお家芸、ZOOM AIRやらなんやらのフルパワー。笑
かつ、レブロンシリーズのように接地感を殺しすぎないバランス。もう信者のようになっているんで思い込みもありそうで怖いですが快適快適コンフォートです←何


いいシューズって書いていてスラスラと文章が浮かんでくるんでそれだけ受け取る刺激や情報も多いんだなって思います。あ、超悪いシューズもスラスラ書けるか。笑
でもいいシューズのもう一歩ってゆうポイントを出すほうが、悪いシューズのいいポイントを探すよりも簡単なのでやっぱりいいシューズのほうが書いてて楽ですね。笑

完壁に近いシューズに出会ってしまったためしばらくレビュー更新出来ないような気がしますがなんか企画して暇つぶせるようなコラムを書けたらなと思います。

本日もありがとうございました^^


バスケットボールランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村


※Kindle出版始めました※
https://www.amazon.co.jp/s/ref=dp_byline_sr_ebooks_1?ie=UTF8&text=hiroki7711&search-alias=digital-text&field-author=hiroki7711&sort=relevancerank

~HP~
※HP※


この記事へのコメント

ラベルリスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク